2018/01/02

2017年に増えた Apple Watch のバンド達

2017年に増えたApple Watchのバンドは、購入した4本+本体へ付属していた1本で計5本。


  • Nikeスポーツバンドがピュアプラチナ/ホワイト
  • スポーツループがシーシェルとダークオリーブ
  • スポーツバンドがソフトホワイト
  • レザーがルビー(PRODUCT)REDクラシックバックル


Nike Sport Band は今年の春から夏頃まで常用していました。





バンドへ穴が空いているため通風が良く、暑い夏も快適。気兼ねなく水洗いもできるので、ジムで汗をかくような状況でも、安心して使えました。色がホワイトスポーツバンドのような真っ白でないため、劣化が目立ちにくい点でも常用に向いています。


秋口からは新登場のスポーツループ。まだ暑い季節だったので、最初はシーシェルを。





その後、秋が深まってからはダークオリーブを使っていました。






ミラネーゼループと同じく締め付け具合を自由に設定できるため、普段は少し緩めに、ジムではきつめに、という運用をしていました。一方で、結局は面ファスナーで密着させることになるため、外す際に「バリバリ」という音がしてしまいます。静かな所での締め直しは、やや恥ずかしい...。

冬には新色レザーの、「ルビー (PRODUCT)RED クラシックバックル」が登場となり、以後はこれを愛用しています。







従来のスポーツバンドにあった明るい赤ではなく、 iPhone X ケースと同じ深い色合いが気に入っています。リューズ赤との相性もよくあっています。

本体付属のスポーツバンドは、残念ながら今の所出番がありません。



春先になったら、涼しげで良いかな、と思っています。

Apple Watch はバンドを付け替えることで、印象が大きく変化します。Apple Store では任意のバンドを試させてくれるので、気に入ったデザインや色合いのバンドがあれば、遊びに行くのも楽しいと思います。

2018/01/01

謹賀新年

新年明けましておめでとうございます。

旧年中は大変お世話になりました。本年もどうぞよろしくお願いいたします。

2017/12/31

Bluetooth イヤホン

今年購入したBluetooth イヤホンは、Beatsの Beats Xと、Jaybird のX3。



利用している環境は、通勤時、並びに、ジムでのトレーニング中に、音楽やPodcastを聞くことです。

どちらも基本性能は十分なのですが、結局は Jaybird X3を使っています。

Jaybird X3の一番の利点は、音の好みを自分で変更できること。例えば、iOS用には、Jaybird Mysoundアプリが用意されており、これで音のバランスを調整できます。例えば、Beatsのような低音の効いたサウンドや、国内ヘッドフォンで多いボーカル系の高音域を強調したサウンドなど、自由に調整可能です。他の人が作った設定を利用することもできるため、気軽に様々な音を楽しめます。

防汗、防沫な点も見逃せません。ジムでの利用では汗が避けられないため、これは重要な要素です。また走っている際に邪魔にならないよう、ケーブルを折りたたんで固定することもできます。

その他、ボリュームボタンで現在のバッテリーレベルを教えてくれること、電源オン時とBluetooth接続時とを別々に音声で教えてくれること、など細かな点でも行き届いています。

一方で、Beats Xが優れている点としては、マイク性能が挙げられます。Siriを常用する場合マイク性能は重要な要素ですが、生憎Jaybird X3のマイク性能は、Beats X へ遥かに及びません。静かな空間では音声を拾ってくれますが、屋外など外部環境音の発生する箇所では実用になりませんでした。

また、Beats Xは充電がLightningで行える点も魅力です。iPhoneを利用していれば、Lightningでの充電環境を探すことは難しくありません。一方 Jaybord X3は特殊な充電アダプタが必要であり、これを無くしてしまうと一切充電ができません。

総じて、ジムでの利用頻度が高い自分には、Jaybird X3が向いているようです。通勤時などの日常使いが種目できであれば、Beats Xは十分に有効な候補となるでしょう。